Blog&column
ブログ・コラム

リビングを風通しの良い場所にするためには?

query_builder 2022/07/08
コラム
30

家を建てる際に、明るくて日当たりの良い場所にしたいと考える方も多いのではないでしょうか。
しかし風通しも同じくらい大切で、過ごしやすさを考えると大切なポイントです。
そこで今回はリビングを風通しの良い場所にするためのポイントについて紹介していきます。

▼リビングを風通しの良い場所にするためのポイントについて
■リビングは風通しは良い方がいいのか
風通しの悪い家では、湿気がこもって部屋の空気も悪くなってしまいます。
更には洗濯物も乾きにくくなるので、空気の良い過ごしやすい空間にするうえでは大切なポイントです。

■リビングの窓を増やした場合
風通しやすくするために、窓の数を増やそうと考える方も少なくありません。
しかし窓の数を増やすことで、家具を配置する場所もなくなってしまいます。
住宅の壁には耐震性を補強するための資材が入っているので、窓が多ければその分耐震性も軽減されてしまいます。
むやみに窓の数を増やせば良い問題でもないということです。

■換気扇と窓の配置について
キッチンなどには換気扇がありますが、料理の匂いなどが外にでるように配置されています。
しかし窓の配置によっては、換気扇からの悪い空気を窓から家に入り込んでしまうこともあります。
換気扇と窓の配置も大切なポイントです。

▼窓の数について
窓が二つあれば、風は通り道を作ることができるので風通しは良くなります。
どうしても二つ設けることができない場合は、ドアを開けっぱなしにして風を通してあげると良いですね。
窓を一つだけ開けていても、入ってきた風は壁に当たるだけなので効果も軽減されてしまいます。

▼まとめ
リビングを風通しを良くするためには、窓を二つ設けることが大切です。
窓を多く配置してしまうと、家具のスペースがとれなくなり耐震性にも欠けるので注意が必要となります。
弊社では、名古屋を中心にリフォーム全般を承っております。
お気軽にご相談ください。
 

NEW

  • 中古住宅 フラット適合証明書 発行

    query_builder 2022/04/06
  • 介護リフォームで重視するべき点

    query_builder 2022/12/01
  • リビングのリフォーム費用とリフォーム例

    query_builder 2022/11/15
  • リフォームとリノベーションの違いやそれぞれのメリットを紹介

    query_builder 2022/11/01
  • 玄関のバリアフリーリフォームについて詳しく解説

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE