Blog&column
ブログ・コラム

段差以外のバリアフリー対策とは?

query_builder 2022/05/08
コラム
22
バリアフリー対策といえば、段差をなくすというイメージがありますよね。
しかし、バリアフリー対策には段差をなくすこと以外にも様々な方法があります。
そこで当記事では、段差以外のバリアフリー対策について紹介します。

▼段差以外のバリアフリー対策とは
■手すりを取り付ける
ポピュラーなバリアフリー対策の1つが、手すりを取り付けるということです。
障害者や高齢者の方は脚が不自由であるケースが多いため、手すりを取り付けるだけで転倒による怪我を防げるでしょう。

■照明器具を変更する
注目されにくいポイントですが、照明器具を変更するというのも重要です。
照明器具の光の具合によって文字や色を認識しにくく、私生活が不自由になりやすいです。
その人の視覚機能に合わせて照明器具を交換しましょう。

■床を変更する
床によっては、滑りやすい素材があります。
転倒事故を防ぐためにも、弾力性の高いコルク・保湿性の高いカーペットなどに交換しましょう。

■エレベーターを設置する
費用がかかりますが、エレベーターを設置するという選択もあります。
階段よりも安全に移動できるので、怪我防止の観点からはより何よりも有効的な対策と言えるでしょう。

▼まとめ
バリアフリー対策は、段差をなくす以外にもたくさんあります。
コストとのバランスを考慮しながら、今できるバリアフリー対策に取り組みましょう。
弊社では、建物のリフォームを承っております。
バリアフリー化に対応したリフォームも可能ですので、いつでもお問い合わせください。

NEW

  • 中古住宅 フラット適合証明書 発行

    query_builder 2022/04/06
  • フローリングの種類を解説

    query_builder 2022/05/15
  • バリアフリーとユニバーサルデザインの違いとは?

    query_builder 2022/05/01
  • トイレの節水に有効な方法と間違った方法とは

    query_builder 2022/04/22

CATEGORY

ARCHIVE