Blog&column
ブログ・コラム

トイレの種類別のメリットとデメリットについて

query_builder 2022/04/01
コラム
17

トイレには様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
トイレのリフォームを考えている方は、気になるポイントではないでしょうか。
そこでこの記事では、トイレの種類別のメリットとデメリットについて紹介していきます。

トイレの種類別のメリットとデメリット
■組み合わせトイレ
組み合わせトイレとは、便器と便座がそれぞれ独立した形状のものです。
それぞれが別々なので、自分の使い勝手に合わせて性能を選べるメリットがあります。
一方で、水が溜まるまで連続で使用ができません。
家族が多い家庭は、忙しい朝に不便を感じる場合があります。

■一体型トイレ
一体型トイレとは、便器・便座・タンクが一体となったものです。
凹凸が少ないので掃除がしやすく、デザイン性も高いのがメリットといえます。
一方で、本体が故障した場合、すべてを取り替えなければなりません。

■タンクレストイレ
タンクレストイレとは、水を溜めるところがなく、見た目がシンプルです。
今、流行りのタイプと言えるでしょう。
タンクがないのでトイレの空間が広く見え、連続使用しても水を流せます。
一方で、手洗いがないので、別途備え付けることが必要です。
なお、電気がないと水が流れないので、停電時は使いにくい場合があります。

▼まとめ
トイレの種類は、大きく「組み合わせトイレ」「一体型トイレ」「タンクレストイレ」の3種類です。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、取り替える場合は注意しましょう。
メリットだけに注目していると、デメリットで後悔してしまう事があります。
弊社では、お客様のご要望を丁寧に聞いてからプランをご提案させていただきます。
トイレのリフォームをお考えの方は、ぜひ弊社をご利用ください。

NEW

  • 中古住宅 フラット適合証明書 発行

    query_builder 2022/04/06
  • 介護リフォームで重視するべき点

    query_builder 2022/12/01
  • リビングのリフォーム費用とリフォーム例

    query_builder 2022/11/15
  • リフォームとリノベーションの違いやそれぞれのメリットを紹介

    query_builder 2022/11/01
  • 玄関のバリアフリーリフォームについて詳しく解説

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE